私がダイエットできない理由

やろうとしたことが続きません。というより、やってすらいません。

コロナ自粛で体重が増えてしまいました。痩せよう!と決意はするのですが、結局何もしていないのです。

生活が元に戻れば自然に痩せるかもしれない…実際はありもしない甘い期待に寄りかかっています。ただ甘い期待の木は折れやすく、次なる木を準備するのにも疲れてきました。

そもそも「痩せたい!」という言葉は、欲望を成し遂げるにあたって抽象度が高すぎます。なんとなく痩せたいのでは次の行動につながりません。

痩せるための具体的な行動につなげるためにも「私はなぜ痩せたいのか」を明確にします。なぜを5回繰り返せ的なことも言われていますので、ここではなぜ私は痩せたいのかを掘り下げていきます。

1.「私はなぜ痩せたいのか」⇒「私は太った人を見ると醜いと感じるから」

2.「なぜ私は太った人を見て醜いと感じるのか」⇒「私は太った人を見ると体型意外の部分でもだらしないという印象を持つから」

3.「なぜ私は太った人を見ると体型意外の部分でもだらしないという印象を持つのか」⇒「私はだらしないと感じる人に、お金を払ってまで何かをお願いしたと思わないから」

4.「なぜ私はだらしないと感じる人に、お金を払ってまで何かをお願いしたと思わないのか」⇒「だらしないと感じる人が提供する商品やサービスの魅力が嘘くさく感じるから」

5.「なぜ私はだらしないと感じる人が提供する商品やサービスの魅力が嘘くさく感じるのか」⇒「だまされるのがイヤだから」

つまり私にとっての痩せたい理由は、人をだますような人間だという印象を与えたくないからです。

出てきた結論のほうが嘘くさすぎて、正直ちょっと違うな~と感じています。ダイエットを始めるのは、まだまだ先になりそうです。